11/18 ベータアップデート

Artifactのパブリックベータが本日公開されます。 今年のInternationalの参加者とベータキーを登録したすべての人のSteamアカウントでゲームが有効化されます。

昨日、プライベートベータのNDAを解除して以来、ゲームのあらゆる面に関して圧倒的量のフィードバックが届いています。 フィードバックの多くから、最初のベータビルドに実装されていなかった機能に対するコミュニティの興味と関心の高さを、チームが過小評価していたことが明らかとなりました。

この機会に、現在実装されていない機能について少し説明したいと思います。
  • フレンドとドラフトイベントをする方法がない。 このプレイモードについては優先せずに、リリース後に追加する予定でした。 しかし、フィードバックによって、フレンドとのドラフトがArtifactの主要な楽しみ方であることがわかりました。 次回のArtifactベータビルドでは、すべてのユーザー作成トーナメントで「戦闘準備ファントムドラフト」を選択できるようになります。

  • イベントチケットを使用せずにドラフトモードを練習する方法がない。 ドラフトは信じられないほど楽しい反面、敷居が非常に高く感じられることもあります。 指摘通り、対戦モードへ飛び込む前に練習できる環境を用意することが重要です。 次回のArtifactベータビルドでは、スターターコンテンツを入手したすべてのプレイヤーのカジュアルプレイセクションから「カジュアルファントムドラフト」ガントレットを利用できます。

  • 重複したスターターヒーローをどうすることもできない。 余分なカードや不要なカードをイベントチケットにリサイクルするシステムを追加します。 この機能はベータ期間が終了する前に配信予定です。
最初の2つの変更は本日パブリックベータが有効化される際に、利用可能になる予定です。 リサイクルシステムとその他のベータへの改善は、一週間半かけてに実装予定です。

ベータを是非お楽しみください。またフィードバックもお待ちしています。