ショップに注目!

ブログの本題に入る前に、先週の投票結果をお知らせしたいと思います。 アークウォーデンが最初から先陣を切り、そのリードは揺るぎないものに見えました。 しかし、ニックスがじわじわと攻め上がりました。 そして、投票締め切り直前には、ニックスはあと少しで1位になるところまで来ていました。 非常に僅差だったので、最終的には両方とも追加することにしました!

さて、ショップの話に入ります!

ショップに関するフィードバックは、ゲームの他の部分に比べるとばらつきがあり、細かい微調整からDotaのようなアイテムレシピを持つ大規模なアイテムショップまで、さまざまな提案が寄せられています。 ショップについては、私たちも複雑な思いを抱いています。 気に入っている部分もあれば、改善が必要だと思う部分もありました。 最適なアイテムデッキの構築を狭い空間に押し込んだ、初期の実装の副作用もあります。

これは、皆さんと一緒に考えたいトピックです。 私たちが気に入った点や、気に入らなかった点、新バージョンで掲げるべき目標、そしてそれらの目標達成に向けたデザインについて、詳しく見ていきましょう。 ご意見は、ArtifactBetaFeedback@Valvesoftware.comへメールでご連絡ください。

気に入らない点:
  • プレイヤーはしばしば、ショップの選択肢を増やすために、安いアイテムをすべて買い上げて、デッキを満たすことを強要されるように感じた。
  • トップティアーアイテムを簡単に得られたため、それらのアイテムの真価が制限されていた。
  • 消耗品は多大な影響を与える可能性があるが、その選択が不運を招くこともある。
  • 一部のアイテム(ブリンクダガー、タウンポータルスクロールなど)の過度な重要度の偏り。
  • 必要以上の計算が必要なおかしなアイテム価格。
  • 3つの異なるスロットタイプが、新規プレイヤーにとってわかりづらい。
  • ショップが開いた時に良い選択肢がまったくないことはプレイヤーにとってすっきりしない。
  • 「取り置き」オプションの活用が不十分。

気に入った点:
  • ヒーローの強化に伴う快感。
  • いきなり圧倒的な状態で開始するのではなく、ゲームの進行に沿ってヒーローにアビリティを追加し、最終的にエキサイティングなボード状態へと至る流れ。
  • プレイヤーがシークレットショップのアイテムをクリエイティブな方法で使用し、状況に対処することができた時の楽しさ。
  • 何を買うべきかを比較的素早く判断できる。

ショップは後半に取り組み始めた課題なので、これから大幅な変更が加えられる可能性があります。 実装の詳細が最終的に完全に異なる可能性がありますが、ゴールに変更はありません。

新しいバージョンでの目標:
  • オリジナルゲームよりも、もっと簡単にアイテムにアクセスしてもらえるようにしたいと考えています。
  • 一般的にアイテムは、ゲームで役立つ時にコストを反映する必要があります。 前半のアイテムは小さな利点を構築するのに役立ち、後半戦のアイテムはゲームを終わらせるのに役立つべきです。
  • 役立つランダムなアイテムを見つけられる機能も残しておきたいと考えています。
  • どのアイテムのクラスも、前半であれ後半であれ、何らかのかたちで選択を歪めるほど強力であってはいけません。
  • 計算を少なく。
  • 必須のツール(タウンポータルスクロール)の利用は、運に左右されるべきではない。

現在の実装では、アイテムコストは10、15、20、25、30に統一されています。 高額に思えるのは、現在のゴールド獲得ペースが速くなっているためです。 アイテムはティアーに基づいてグループ分けされ、ショップは各ティアーの1つ以上のアイテムを持ち、さらに自分のアイテムデッキがあります。 ショップのすべてのスロットは、そこで販売されるアイテムの選択方法について同じルールに従います。



最初の購買フェイズでは、コストが10のアイテムティアーといくつかの他のオプションにアクセスできます。 余分なお金があり、表示されたアイテムが気に入らない場合、2ゴールドでリロールできます。 お金に余裕がない場合、購入をスキップして、多少の追加ゴールドを稼ぐ選択もできます。 この方法で獲得できるゴールドは3から始まり、ショップをアップグレードするごとに1ずつ増加します。 最終的にショップを5ゴールドでアップグレードできます。 このアップグレードコストは、その後のターンで3から1に下がり、アップグレード時に5にリセットされます。 ショップをアップグレードすると、次のアイテムのティアーがプールに追加され、リロールを1回無料でできます。

タウンポータルスクロールを含むほとんどの消耗品は、ゲームから完全に取り除かれました。 今後は、初めて敵の各タワーのヘルスを半分まで落とした時に、類似アイテム「ブリンクスクロール」が付与されます。 ブリンクスクロールは、ブリンクダガーと同様の機能(ヒーローを隣接するレーンのスロットに移動)を持ちますが、使用すると消費されます。

では、最初の3つのティアーから、新しいアイテムをいくつか見てみましょう。



理力の杖
  • 移動は、ゲームに追加したいくつかの「ランダムな」効果の1つです。 1ユニットをランダムに左または右に1スロット移動させます(移動は空いたスロットにのみ可能)。
  • 敵ユニットだけでなく、味方ユニットも移動できるので、少し工夫すれば自分に有利なマッチアップへと導くことができます。
  • 私たちのお気に入りの活用法は、強力なオーラを持つユニットをレーンの端に突き飛ばしたり、強力なタワーアタッカーをスロット1にスライドさせたり、ブロッカーを突き飛ばしてタワーを粉砕できるようにしたりすることです。



ネクロノミコン
  • このアイテムは強力なヘルスバフを与えるので、弱いヒーローを長時間レーンに保つことができます。
  • 悪魔アーチャーは、レーン内でのクリープのバランスの不均衡を構築する最高の方法です。 始めるのに必要なのは1体のみです。
  • 放置するとレーンが悪魔アーチャーで一杯になり、レーンにヒーローを配置するのが痛みを伴う体験になります。



ルートブーツ
  • 20ゴールドのアイテムティアーには、強力な局所的効果または大きなステータスブーストを提供することにより、レーンの局面を即座に変えるアイテムがいくつか含まれています。
  • ルートブーツは、機動性があり、有利に交換できるヒーローに装備させると効果的です。
  • 腐敗効果は防御力を無視するので、防御力のバフで強化されたクリープで固められたレーンを一掃するのに役立ちます。
  • ルートブーツは、後半戦でのレーン移動などの小細工を阻止するのによい方法です。

皆さんからのフィードバックをお待ちしています!